ビールのおいしい季節!つい飲みすぎて翌朝つらい二日酔い・・そんなお酒好きの皆様へ♪アミノ酸+ウコン配合『酔い楽しみま専科3パック』Aセット

ビールのおいしい季節!つい飲みすぎて翌朝つらい二日酔い・・そんなお酒好きの皆様へ♪アミノ酸+ウコン配合『酔い楽しみま専科3パック』Aセット
-☆- お酒を十分に楽しみたい方、-☆-
お酒を飲む機会の多い方に!
酒宴の場には欠かさずお供させたいアイテム、
『酔い楽しみま専科』の、
お値段お得な3パックセットです。

【酔い楽しみま専科Aセット】 \6,980(税込、送料・代引手数料無料)
50粒入り×3パック(携帯容器1本付)

前作製品の主成分、天然アミノ酸を豊富に含んだ米胚芽・大豆発酵エキスに、
今話題のウコンエキスを加え、さらにパワーアップしました!
☆酔い楽しみま専科で翌朝元気にスッキリ快調♪☆

さらに今回、外出にも便利な、携帯用容器もお付けしました。
どこでも快適で健康的な楽しい飲酒をお届け致します♪

~ このような方に ~
★お酒が苦手、弱い方
★仕事等でのお付き合いの多い方
★体をいたわりたい方 ★翌日、仕事の影響が心配な方
★前日のお酒が残りやすい方
★お酒をもっと楽しみたい方

★天然アミノ酸&ウコンエキス。ダブルの力が快適で健康的な飲酒をサポート★
アミノ酸にはアルコールの処理を手助けする働きが期待されます。特に「アラニン」と「グルタミン」が力強くバックアップ。酔い楽しみま専科には「アラニン」と「グルタミン」をはじめとする17種類のアミノ酸に、さらに今話題のウコンのエキスも配合。ウコンの含有成分「クルクミン」が5粒中30mg配合されており、Wの力で楽しいお酒と健康維持のお手伝い。

■アミノ酸がなぜいいの? ~体作りの基礎となるアミノ酸~
人間の体を作る基となるアミノ酸には、体内で合成できない9種類の「必須」アミノ酸と11種の「非必須」アミノ酸の20種類があります。「アラニン・グルタミン」は非必須アミノ酸ですが、運動や飲酒などで激しい消耗を伴った場合など、状況によっては体外からの補充が求められます。

昔から民間伝承では、大豆や米胚芽に含まれる醗酵多糖体の代表であり、天然アミノ酸の宝庫でもある味噌・納豆・ヌカ漬けなどを摂取すると、悪酔いしにくいと言われています。これは豊富な栄養分もさることながら、体の様々な部分へ働きかけるアミノ酸のパワーであると言えます。しかし、飲酒によりアミノ酸は激しく消耗されます。そして、不足しがちになると悪酔いへとつながります。「酔い楽しみま専科」には、これら天然アミノ酸が高濃度・低分子化して含まれており、楽しい飲酒への環境作りをサポートします。

■アルコール臭対策 ~「酒臭いっ!」と言われる息もスッキリ!~
「酔い楽しみま専科」の主成分にはリン成分が高い数値で含まれており、ミオイノシトール(フィチン酸の前駆物質)を作用させてアルコールを中和・消臭します。気になる「酒臭~い」息もスッキリ。

■アルコールの分解豆知識
取り込まれたアルコールは、一般的には飲酒量により一定のアルコール分解時間が必要とされています。通常、体重60~70Kgの成人で1時間に分解するアルコール量は約7gといわれており、ビール大瓶1本に含まれるアルコール約22gを分解するのにおよそ3時間が必要です。その間、分解されないアルコールは血液に溶けて全身に行き渡り、分解されない間中、酔っ払った状態が続きます。特に有効となるアミノ酸が減少に至ると、体にはより大きな負担が掛かり、分解の働きが及ばず、二日酔いにまで至ってしまいます。アミノ酸を補うことで、アルコールにとって良い体の環境づくりが期待されます。

★お召し上がり方★
通常は飲酒前~飲み始めに、3~5粒(5粒からをお勧めします)程度の摂取で健康維持のお手伝い。
天然アミノ酸は吸収が早く、分解性が高いのが特徴。長時間や深酒に至った場合、アミノ酸の消費量も多くなるため、中途~後半での補給もご考慮下さい。お酒の飲み始めならず、飲酒中、飲み終える前など、適宜ケースに見合った摂取をコントロールいただき、楽しくお酒とお付き合い下さい。

【飲酒前・始めに】
主成分の米胚芽・大豆発酵抽出エキスに含まれる「天然アミノ酸成分」と、今話題の「ウコンエキス」を体内に補給しておき、飲酒に備えた体の環境作りをサポート。特にお酒が弱い、苦手な方は前半からどうぞ。お酒を楽しく♪

【飲酒中~終了頃に】
長時間や深酒に至り、「飲み過ぎかな?」と感じる場合は、飲酒中盤から終盤辺りでの補給もご考慮下さい。
過剰量で残ったアルコールへのアプローチで、翌日スッキリ!

※上記はあくまで一例です。本製品は十分な量のウコン成分や天然アミノ酸を含んでいますが、飲酒のアルコールの濃さや時間の長短、体調や体質の個人差など様々なケースがございますので、適宜ご自身で模索しながらの摂取をおすすめします。